タニカのヨーグルティアを買ってからはヨーグルトや塩麹が簡単に作れるので楽しく腸活してます(*^^*)

ヨーグルトは飲むヨーグルトに近いものが出来上がります
これにオリゴ糖をたっぷりかけて毎日食べてます
最近は肉中心の生活だったので便の状態が良くなかったんですが、肉や魚中心の生活を続けながらヨーグルトや塩麹で腸活していたら便の状態が改善してきました\(^o^)/

ヨーグルトと味噌で作るなんちゃってぬか漬けや毎日味噌汁や野菜サラダも食べてます

美味しく食べて体の中から健康になるのを意識して楽しく生活しています(*^^*)

下の文章は便について書かれていたのを抜粋してみました。




便は健康のバロメーター

健康なうんちを出すためには、体全体が健康でなくてはなりません。

また、精神面でも、ストレスを抱えすぎないことが大切です。

ウンチの状態を観察することは、病気の予防や早期発見などにつながり、毎日の健康状態を知るうえでは欠かせないことだといえそうですが、毎日、ウンチの何を観察したらいいのでしょうか。

便の形状

水状(便の水分量90%以上)
泥状(便の水分量90%程度)
歯磨き粉のような半練り状(便の水分量80%程度)← 理想的なうんちの形状バナナのような柔らかめの固形(便の水分量70%程度)← 理想的なうんちの形状コロコロした石のような固形(便の水分量60%以下)

便の色

黄色~黄色がかった褐色 ← 理想的なうんちの色褐色~黒に近い褐色>白色、または黄色がかった白色赤色、または暗赤色アスファルトのような黒色

うんちの重さ

1回に200~300g程度がよいといわれています。

トイレの中に体重計をおき、排便前と後で体重測定をすると便の量がわかります。

うんちの臭い

悪臭~きつくない臭いまで、いろいろありますが、腸内で善玉菌が活発に活動しているときには、ヨーグルトのような弱酸性の臭いがします。

水に浮く?

うんちが水の中に沈むのは、動物性たんぱくや脂肪を多く取った後に見られます。

うんちが水に浮くのは、食物繊維の多い食事をした後、またはガスが発生している場合があります。

うんちを観察する項目はいろいろありますが、うんちの色や形状に異常があった場合、医師の診察を受けたほうがいいこともあるため、毎日観察するといいでしょう。

オリゴ糖で理想的な便の状態に!

オリゴ糖を摂ったら便の色がどんどん黄色に近づいた!

便秘解消に効くとの評判がきっかけで、出会った天然のオリゴ糖。

便秘で悩む家族だけでなく、オリゴ糖を紹介した友人にも大好評でした!

「便の色が薄く黄色くなってきた」「うんちが臭くなくなってきた」「便が柔らかいバナナ状に!!」

などなど、オリゴ糖の効き目に喜んでもらっているようです。

ヨーグルトなどで外部から取り入れる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁などの消化酵素によって分解され、腸まで届かず大半が死滅してしまいます。

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は長期間、腸内に留まってくれるわけではないようです。

その点、オリゴ糖は消化酵素に分解・吸収されることなく大腸まで届き、 腸内にもともと生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって、善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれるのです。